Fuente Music Productions
By Foster Wiseman Follow | Public

優雅、洗練、官能、都会、スタイリッシュ、エレガント、メロディアス。これらの言葉を総じて音楽に転換するならば、「Deep House」以外に想い浮かばない。
西海岸の色彩感溢れる音色に、東欧に端を発する無機性を折り込み、地中海に感じる高揚感とアフリカを起源とするうねる黒さを練り合わせ、日本建築に相通じる機密さで構成された曲たち。これを元手に世界各地で「ナンバー・ワン」を手に入れ、「メイド・イン・ジャパン」にこだわるHideo Kobayashiが、「Deep House」にフォーカスし世に送り出すレーベル、「Fuente Music」。

その記念すべきファースト・リリースには、ボーカリストにChrista、リミキサーにEric Kupperを迎えた「When Love Was Infinite」。ChristaとHideoの間に生まれた作品には、「This Way」、「Beautiful Moment」など燦然と輝くヒットが存在。透き通った歌声と甘く切ない詞に、美しいストリングスやアコースティックギター絡み付く、至極の1曲に仕上がっている。Eric Kupperはそれを野太いリズムと、ディープかつ繊細なシンセ・サウンドで炊き上げ、フロア必涙のリミックスとして完成させている。さらにストリップ・ダウンさせフロア指向とした、ダブ・バージョンも披露している。

そしてセカンド・リリースには、COLDFEETが控える。Lori Fineの恍惚とした声に乗る詞はあくまでも愛を追い求め、Watusiのかき鳴らすエレクトリック・ベースをHideoのハウス・ビートがねじ伏せる「Look For Light」。COLDFEETとHideoの共作はこれが初めてであるが、それを微塵にも感じさせない出来映え。リミキサーにはストックホルム在住の、Eric Ericksson。Derrick MayのFragileや、Carl CraigのPlanet E Communicationsからもリリースする才人。本作では黒くテックにリピートする筐体に、時折ちらつかせる繊細なRhodes、理論を熟知した者のみぞ可能なコード・プログレッションで、Lori Fineのボーカルをより輝く存在に仕立てている。

これら以降のリリースも強力で、Rasmus Faber、R&B界からLisa Taylor、Cinnamon Denise、そして最強のDIva、Lisa Shawらともコラボレーションが進んでいる。また、Apt.International時代の作品の再構築・再発売も予定されている。
Fuente Musicが創造して行く新しいDeep Houseの世界を、是非とも一緒に感じて欲しい。

Exquisite, stylish, elegant, melodic, lush, dreamy, sun-drenched, sexy, urban, liquid, sensual, sophisticated.

These are some of the expressions that come to mind, to describe the kind of deep house that producer, Hideo Kobayashi wants to capture with his newly established label, Fuente Music.

For many years, Hideo has consistently released a cross section of top caliber, ultra-modern, original productions and remixes of silky deep house, tranquil tech-house and floor-rockin’ techno through various labels, different monikers and collaborations which solidly consolidated his status as one of the top Japanese producers in the club music genre. His unique musical vision has gone beyond the limits of micro-genres to captivate a cross section of dance music fans all around the world.

Now, he is taking steps to fulfill his long-time dream of taking his musical vision one step further, by establishing his very own label, Fuente Music. Hideo wanted to start a label to release the west coast style of deep house that he first fell in love with, during his sojourn in San Francisco in the late 1990s. He combines this with a dash of European house flavors to hopefully create some dreamy, sophisticated deep house with haunting melodies, sensual, lush female vocals and hopefully, so much more!

Fuente Music will also be a vehicle for not only to showcase his original productions with various singers but also collaborative efforts with other producers as well. Hopefully, Fuente Music will evolve into so much more, to captivate and be the soothing soundtrack for late night drives, ecstatic joy and pure bliss!

1 Follower
Video
Comments